株式会社インフォルム
左トンボ
営業案内DTP制作案内DTP技術情報サポート窓口お問い合わせ
新着情報
2014/4/17
DTP技術情報「電子出版の現状」コーナーに新しい記事を追加しました。
求人情報
営業正社員募集中。詳細はここをクリック
 
営業案内
お客様の声
品質の裏付け
DTP制作と失敗学
 1.畑村失敗学とは
 2.導入と実践
 3.定義と計算式
 
4.失敗率公開の理由
品質を高める工夫
 1.ワークフロー
 2.内部校正の仕組み
 3.質と生産性の向上
 4.データの取り扱い
 5.情報保護管理体制
InDesignを使う理由
InDesignの実績
社内設備一覧
対応フォント
営業品目
InDesignによる制作
電子書籍の制作
自動組版
デザイン
編集
テキスト入力
画像加工・画像処理
CD・DVDプレス

DTP制作案内
原稿入稿の注意点
校正の注意点
PDF入稿
色のポイント
索引、目次について
電子書籍とは何か
 
品質の良いDTP制作物を提供します DTPデータから電子書籍やWebに展開…それは確かな品質のDTPデータがあってこそ
品質の良いその理由
@失敗を分析し再発を防止する。
弊社は、ミスやトラブルを可能な限り初期段階で察知し、分析・検討・対策をとることによりその発生頻度を減らし、失敗や事故がゼロに近付くことを目指しています。

A強みを持ち、価値観を共有できる人と仕事をする。
DTP制作の仕事は向き不向きがとても大きい仕事。
そこで弊社ではDTPに適性(強み)があり、かつDTPが好きな人を採用して教育しています。だから元から品質が良いのです。

B入出稿の管理、内校をちゃんとしている。
入出稿時に原稿の全枚数をカウントしています。入稿量が多いときはたいへんな作業ですが、これにより創業以来紛失等による情報流出がゼロなのです。
弊社の内校は全て第三者校正を基準とし校正のプロが目を光らせています。詳しくは営業案内-内部校正の仕組みをご覧ください。

メールマガジン無料配布中!
 
Google
WWW を検索 informe.co.jp内を検索
左トンボ
    Copyright (C) Informe. All Rights Reserved.    
  最下層区切り線  
トップページへ戻る
index.html
2014.4.17