左トンボ
営業案内DTP制作案内DTP技術情報サポート・ご相談窓口お問い合わせ
営業案内
お客様の声
品質の裏付け
DTP制作と失敗学
 1.畑村失敗学とは
 2.導入と実践
 3.定義と計算式
 4.失敗率公開の理由
品質を高める工夫
 1.ワークフロー
 2.内部校正の仕組み
 3.質と生産性の向上
 4.データの取り扱い
 5.情報保護管理体制
InDesignを使う理由
InDesignの実績
社内設備一覧
対応フォント
営業品目
InDesignによる制作
電子書籍の制作
自動組版
デザイン
編集
テキスト入力
画像加工・画像処理
CD・DVDプレス
 
 
PDFのポイント PDFのファイルサイズ
用途によって変わるPDFのファイルサイズ

DTPの出力用データとしてだけでなく、インターネットでの文書配信用など幅広く使われるPDFですが、用途によって変えなければならないのがファイルのサイズです。

たとえば、高解像度出力用のPDFであればサイズの制約はないので、1ファイルで数十MB、場合によっては100MB以上のファイルサイズになってもかまわないでしょうが、インターネットで配信する場合にはせいぜい数MB以内に抑えるのが基本です。まして、電子メールで送信するとなると、メールサーバの制限もあるので1〜2MB程度までにとどめておかないと相手に届かないことだってあります(メールの場合、エンコードによって送信されるファイルサイズはディスク上のサイズよりも増える)。

もちろん、DTPで使う場合でも、不必要に巨大なファイルになってしまうと出力に時間がかかるなど問題が生じるので、適切なファイルサイズを心がけるということは大切です。

そこで今回は、PDFのファイルサイズをコントロールするための方法について見ていきましょう。

画像の圧縮とダウンサンプル

PDFのファイルサイズを大きく左右する要素と言えるのが画像です。たとえば、1つのPDFファイル中に10cm四方の画像が10個あるとします。この画像が全て圧縮されていない解像度300ppiの8bitカラー画像だった場合、仮に他のオブジェクトがなかったとしてもこのPDFのファイルサイズは数十MBになるはずです。

この画像を調整することで、データ量を元の数十分の一や数百分の一といったように大幅に縮小することが可能です。画像におけるデータサイズの調整方法としては、圧縮、解像度の変更、減色などがありますが、PDFの場合、基本的には圧縮とダウンサンプルを使います。

PDFでサポートされている圧縮方法はJPEG、ZIPおよびJPEG2000の3種類。JPEG圧縮はデジタルカメラの撮影画像など階調のある画像を圧縮するのに適した方法であり、圧縮率を高くすれば元データの数%くらいに圧縮することも可能です。

また、ZIP圧縮はデータの劣化なしに圧縮できるのが最大のメリットです。白地やベタなど均一濃度の部分が広い場合に比較的高い圧縮が掛かります。

もちろん、JPEG圧縮にしろZIP圧縮にしろ実際の圧縮率は画像の絵柄に依存するため、思ったほどサイズが小さくならないこともあり得ます。

なお、JPEG 2000はJPEG委員会が2000年に公開した新たな圧縮画像フォーマットで、Acrobat 6.0(PDF 1.5)以降でサポートされています。

また、解像度を変更するのもデータ量の削減に有効です。印刷用データで一般的な350ppiの画像を画面表示用に72ppi程度の解像度にすれば、データ量はそれだけで20分の1以下になります。

もっとも、解像度を落とせばそれだけ画質が悪くなるのも必然であって、そのあたりはファイルサイズと画質のどちらをどれだけ重視するかによって調整するしかありません。

ベクターデータ量の落とし方

さて、印刷用PDFを元にWeb配信用PDFを作るといった場合、画像は圧縮やダウンサンプルによってデータ量が大きく変わるので比較的調整しやすい(クライアントの理解も得やすい)のですが、意外にネックとなるのがフォントや線画などのベクターデータです。

ベクターデータは、基本的に座標と関数によって線を描画します。そのため、1ピクセルごとにデータが必要なビットマップ画像と違って大きなオブジェクトでもデータ量が増えることなく小さなファイルサイズが可能というのが特徴です。

ところが、いくら1つの線をわずかなデータ量だけで引くことができるとしても、それがたくさん集まってくるとばかになりません。Illustratorで作ったオブジェクトの場合、アンカーポイントの数が増えれば増えるほどデータ量も増大していきます。

また、ちょっと見ただけだとそれほど複雑なレイアウトでないように思えても、実際にはたくさんのオブジェクトが重なっているという場合もあります。他のオブジェクトの下に隠れて見えないオブジェクトであっても、そのデータはそのままま全体のデータ量に加算されます。

マスターページに置いたオブジェクトがそういった複雑な作り方をしていた場合、それが全ページに配置されることでデータ量は思った以上に増大することもあります。

しかも、PDFを作る際に圧縮やダウンサンプルをどのように指定しても、ベクターデータのデータ量は変わりません。Web配信用のPDFを作るために画像の解像度をギリギリまで下げ、最大限に圧縮しているのに、ベクターデータがあるためにどうしても思ったように下がらないというケースは意外に多いのです。

同じベクターデータでも、フォントの場合は、埋め込みしないことでデータ量を下げることが可能です。もちろん、埋め込まないと環境によってレイアウトが変わってしまいますが、デザインを考えなければそれもいいでしょう。

しかし、純粋な図形のベクターデータには埋め込まないという選択肢はなく、そのままではデータ量を調整することができないのです。ちなみに、PDFのバージョンが高いほどベクターデータのデータ量も小さくなりますが、それも限度があります。

なお、InDesign(インデザイン)からPDFを作る場合、PostScriptを書き出してDistillerでPDFに変換するより、InDesignから直接PDFを書き出すほうがデータサイズは小さくなるようです(ちなみに、InDesign CSから直接PDFを書き出してみたところ、IllustratorでなくInDesign CSで作ったベクターオブジェクトだけが大幅にデータ量が縮小された。CS2では起こらない現象で、理由は不明)。

ベクターデータをふんだんに使ってあるPDFで、できるだけデータ量を下げたい場合、ベクターデータをラスターデータに変換するという方法があります。たとえばPDFをAcrobatでTIFFに書き出したり、Illustratorで開いてオブジェクトをラスタライズするのです。

ラスタライズすることで、他のオブジェクトの下に隠れていたオブジェクトはなくなり、入り組んだアンカーポイントなども全て単なるピクセルになります。一見ラスターデータのほうがサイズが大きくなるように思うかもしれませんが、解像度を低くし、JPEGなどで圧縮することで大幅なサイズダウンが可能になるわけです。

もちろん、ラスターデータにすると文字や線の切れは(解像度が低くなればなるほど)悪くなります。小さな文字が使われているPDFをラスタライズする場合は、Illustratorで開いて文字以外をラスタライズするといった工夫も必要になるかもしれません。さらに処理したデータはもう一度PDFとしてまとめなければならないわけで、かなり手間がかかることもあります。

ファイルサイズを考えたデータ作り

ベクターデータをラスタライズするという方法は緊急避難的なものであり、手間や品質を考えるとあまり積極的にお勧めはできません。むしろ、PDFを多目的に展開したい場合は、データを作る段階からファイルサイズを考慮して作業することのほうがはるかに有効です。

たとえば、他のオブジェクトに隠れて見えないオブジェクトはデータの無駄に他なりません。パスファインダを活用するなどして、できるだけ無駄な部分を作らないような工夫が必要でしょう。たくさんのオブジェクトを組み合わせて1つのパーツを作るような場合、できればオブジェクトを1つに合成したほうがデータは軽くなります。複数ページで使われる共通パーツなどは特にファイルサイズに与える影響が大きいので注意するべきです。

また、ファイルサイズを考えると、使うフォントはできるだけ少なくするというのも大切でしょう。

昔と比べてDTPの環境が充実し、出力も高速になってきたため、ともすれば作られるデータが重くなる傾向があるように思います。しかし、WebでのPDF配信はもちろん、高解像度出力する場合でもデータが軽いに越したことはありません。シンプルなデータ作りということをもう一度見直してみることも必要なのではないでしょうか。

(田村 2007.10.15初出)


PDFのポイントに戻る PDFのポイントに戻るお役立ち情報に戻る お役立ち情報に戻るトップに戻る トップに戻る

DTP・印刷、あるいは情報発信の方法などでお悩みやご要望はありませんか?
そんな時はインフォルムにお気軽にご相談ください。
適切なアドバイスと充実したサポート体制で業務を強力にバックアップします。

こちらのページをご覧ください

左トンボ
    Copyright (C) Informe. All Rights Reserved.    
  最下層区切り線  
トップページへ戻る
pdf8.html
2010.2.5