左トンボ
営業案内DTP制作案内DTP技術情報サポート・ご相談窓口お問い合わせ
営業案内
お客様の声
品質の裏付け
DTP制作と失敗学
 1.畑村失敗学とは
 2.導入と実践
 3.定義と計算式
 4.失敗率公開の理由
品質を高める工夫
 1.ワークフロー
 2.内部校正の仕組み
 3.質と生産性の向上
 4.データの取り扱い
 5.情報保護管理体制
InDesignを使う理由
InDesignの実績
社内設備一覧
対応フォント
営業品目
InDesignによる制作
電子書籍の制作
自動組版
デザイン
編集
テキスト入力
画像加工・画像処理
CD・DVDプレス
 
 
文字について 文字の修飾
ボールドとイタリック

文章で強調したい語句や注目させたい部分、あるいは特別な意味を持たせたい言葉がある場合、見た目で特徴をつけるということがよく行われます。

もっとも基本的な方法と言えるのは、文字そのものを変えるというものです。つまり文字サイズや字体を変えるわけです。欧米では、字体を通常よりも太く(ボールド)したり斜め(イタリック)にすることが一般的に行われており、Wordなどのビジネスソフトにもこれらの機能が備わっています。Wordで言えば、ツールバーの「B」がボールド、「I」がイタリックにするボタンです。

ところが、欧米向けに作られたこれらの機能を日本語で使う場合はトラブルが起きる可能性があり、注意しなければなりません。実は、これらの機能はボールド書体やイタリック書体(さらにボールドイタリック書体も)が用意されているフォントファミリーを使う場合に便利な機能であり、それ以外の書体で使うと問題が生じるのです。

たとえば、「Times New Roman」というフォントは、Windowsでも基本的な欧文書体であり、どのマシンにも入っているものです。このフォントには、「Times New Roman Bold」「Times New Roman Italic」「Times New Roman Bold Italic」という仲間のフォントがあり、この4つでフォントファミリーを構成しています。

WordでTimes New Romanが指定されている場合に、文字を選択して「B」ボタンを押すと、自動的に「Times New Roman Bold」になり、「I」ボタンを押せば「Times New Roman Italic」になります(両方押せば「Times New Roman Bold Italic」)。いちいちフォントを選択しなくてすむので便利な機能ではあるのですが、もしボールドやイタリックのファミリーが存在しないフォントだった場合は、フォントを切り替えられません。そこでボールドの場合は文字をわずかにずらして重ねて印字、イタリックは斜めに変形処理するという方法で擬似的に再現しているのです。

ボールドの場合、あくまでも重ねているだけですので、高解像度出力されたものをよく見ればきちんとした太字でないことが分かりますし、場合によってはこの処理がされず元の文字で出力されてしまうこともあります。

特に日本語書体の場合、ボールドやイタリックのフォントが別に用意されているわけではないので、これらの処理が必ず行われることになります。印刷品質を考えると、日本語ではこれらの機能を使うべきではないのです。ではどうするべきかというと、面倒でも書体を変更するしかありません。日本語書体にはウエイトがいくつもあるフォントファミリーがあるので、そういった書体を使うべきでしょう。

なお、Wordなどだけでなく、Adobe PageMakerにも同じ機能が備わっていましたが、後継ソフトのInDesign(インデザイン)ではさすがになくなったようです(文字を斜体にする「歪み」という機能はある)。

InDesignの網掛けの処理

字体以外に文字の強調のために行われる処理としては下線、網掛けなどがあります。下線については、多くのソフトに搭載されているので説明は不要でしょう、もちろんInDesignにもあります。一方、網掛けの機能を備えたソフトはあまりないようです。

InDesignで一部の語句に網掛けするには、網掛けしたオブジェクトを文字の下に配置することでも可能です。しかし、これだと修正などで文字がずれたときに網掛けの位置が合わなくなってしまいます。

そういった場合、下線機能を流用して網掛けすると便利です。網掛けしたい語句を選択し、下線設定で網の高さ(幅)で線幅を指定、オフセットで網掛けしたい位置に調整します。色と濃度を指定すれば網掛けが完了しますし、これを文字スタイルに登録しておけばさらに効率的です。

では、InDesignで文字に角丸の網を掛けたい場合はどうすればいいでしょうか。この場合はちょっと工夫が必要です。角丸の網ということは左右の網の上と下(横組みの場合)にアールを付けなければなりません。

この場合、黒丸を2個入力して上付きと下付きにし、カーニング「-1000」で角の丸にするという方法があります。丸みの大きさは環境設定で、高さはベースラインの調整でも可能です。さらに、「Full Block」という仮想ボディいっぱいの四角ベタ(ユニコード番号「U+2588」。Adobe Japan準拠のOpenTypeフォントであればたいていあるはず。MS明朝などにもあるが、半角幅なので注意)を入力し、網を指定、丸との間をカーニングで詰めて、サイズを調整すれば角丸の先頭部分が出来上がります。終わり部分も同様にします。もちろん、間の網掛け部分は下線機能でできます。

なお、語句単位でなく、見出しのように一行まるごと網掛け処理する場合は、もっと簡単です。下線と打ち消し線の機能で角の丸を作り(点線を指定する)、さらに段落境界線でそのほかの網を作ればいいわけです。

いずれにしても、位置の微妙な調整は必須ですので手間は掛かりますが、頻繁に出てくるのであればインライングラフィックなどで処理するよりも確実ではないでしょうか。

InDesignで囲み罫を作る

InDesignで文字を罫線で囲む「囲み罫」を作る場合、通常は表組み機能やインライングラフィックを使うことになるでしょうが、もっと自由度の高い方法を考えてみましょう。一行まるごとなら段落罫線を使えばいいのですが、部分的な語句だけを囲むとなると簡単ではありません。

横組みの場合、上と下の罫線は打ち消し線と下線を使えば引けます。二重線を使えば打ち消し線だけで上下の罫線を引き、下線で囲みの中を網掛けすることも可能です。問題は左右の縦罫ですが、これは全角スペースを入力して縦罫の高さの下線や打消し線を指定します。罫の太さはスペースに長体をかければいくらでも調整できます。

さらに、スペースと囲まれる文字列の端1字に「分割禁止」の指定をしておきます。これによって縦罫だけ別の行になることを避けられますし、囲み罫の途中で行が変わる場合はそのまま分割されます(分割したくなければ文字列全体を「分割禁止」にする)。

InDesignは豊富な日本語組版機能を備えたソフトですが、多彩な要求を全て満足させられるわけではありません。今回紹介した囲み罫なども、EDICOLORを使えば簡単にできるのですが、InDesignの機能だけでもある程度手間を掛ければなんとかなるということは言えるでしょう。

(田村 2008.3.17初出)


文字についてに戻る 文字についてに戻るお役立ち情報に戻る お役立ち情報に戻るトップに戻る トップに戻る

DTP・印刷、あるいは情報発信の方法などでお悩みやご要望はありませんか?
そんな時はインフォルムにお気軽にご相談ください。
適切なアドバイスと充実したサポート体制で業務を強力にバックアップします。

こちらのページをご覧ください

左トンボ
    Copyright (C) Informe. All Rights Reserved.    
  最下層区切り線  
トップページへ戻る
character22.html
2010.2.5